日商簿記1級は独学でトライ|ためになる資格

ウーマン

資格をとるためには

ノートとペン

調剤事務の仕事は通信講座などで資格を取得すると、就職などに有利なためおすすめです。また、調剤事務の通信講座を選ぶには、資料一括請求サイトを使用すれば、簡単に費用や勉強方法などを比較することができるでしょう。

詳しく見る

どんな業種にも必要な資格

電卓

あらゆる業種に必要とされる簿記の資格ですが、業務でより活かされるのは簿記2級からとなります。そして、簿記2級を取得するのであれば、通信講座を受講することができるでしょう。

詳しく見る

商業資格の攻略法

ウーマン

成功の秘訣

商業系の代表的な資格に日商簿記が挙げられます。受験する級が上がるにつれて一気に難易度が上昇することで知られている資格です。しかし、独学で日商簿記1級に合格している人も多く、対策として通信教育が活用されています。日商簿記1級のための通信教育では、幅広い出題分野から頻出のものに絞った学習から始めます。独学では最初から全てを覚えようとしがちですが、実際は基礎的なことを満遍なく学習することが不可欠です。通信教育を利用することによって日商簿記1級合格のための土台作りが可能です。通信教育の問題だけでは練習量が足りないと感じる場合、市販の練習用問題集を活用する工夫も役立ちます。通信と問題集の組み合わせが独学の成功の秘訣と言えます。

大切なこと

日商簿記1級を独学で合格するためには、通信教育と市販の問題集を何度も復習することが大切です。難易度の高い日商簿記1級ですが、問題自体は基礎的なことの組み合わせであることがほとんどです。高難易度の問題はそもそも解ける人が少ないため、それほど合否には影響しません。むしろ、難しそうに見える問題の本質を捉え、基礎的な事項を組み合わせて解くことで差をつけられます。通信教育や問題集を使うときは、わからなければすぐに答えを確認すると効果が半減します。問題の本質は何かを時間をかけて考察し、解けなかった問題は何度も繰り返し復習しましょう。通信教育で基礎事項を学び、問題集でその組み合わせ方を学ぶという方法も独学では大切です。

労働問題と保険の専門家

勉強する人

社会保険労務士は国家資格の中でも社会的信用があります。ですので、独学で知識を深めるのは難しいので、予備校にかよって関連講座を受講することで知識を身につけることができるでしょう。

詳しく見る